読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mrsboddeyのブログ

ロンドン在住、英国人の妻、一娘の母、そんな私の話したい事諸々です。

London・UKも人種のるつぼ

89年に初めてロンドンに来た時に驚いた。

えっ?ロンドンも人種のるつぼ?だったのかと。

 

まあ、ガイドブック等には、サウス・ロンドンは黒人が多い。

ノース・ロンドンのゴールダース・グリーンはユダヤ人、日本人が。

(現在、日本人が多いのはウェスト・ロンドンのアクトン周辺)

インド人やパキスタン人も多々。

などと書いてはありましたよ。

 

でも、やはり目の当たりにするのとそうでないのとではね。

ここ最近では、ポーランドやブルガリアなどの東ヨーロッパからの人々。

ホントに外国人だらけなのです。

まあ、私もその中の一人ですが。

 

日本で住んでる地域の小学校・中学校に入れない、って事はあり得る?

日本は子供の人口が減ってるんだっけ?

じゃあ、尚更あり得ない?

 それがイギリスでは多いにあり得るのです。

もうロンドンだけではなくて、イギリス全体でね。

 

ウェスト・ヨークシャーのチャーリー君は7歳。

住んでる地域の小学校に入れなくて、4マイル離れた小学校に通わなくてはいけない。

3人お兄ちゃんが居るんだけど、そのお兄ちゃんたちが通っている小学校にチャーリー君だけ入れなかったのです。

その為、チャーリー君は学校がある学期中は祖父母と一緒に暮らしている。

 チャーリー君の母、クレアさんの言葉。

「チャーリーは自分は必要ない人間なんだ、と思ってる。」と心を痛めているのです。

 

こんな好くない状況も今では全く珍しくない。

新聞には定員オーバーで席がない。

と、書いてあるだけで実際のところは分からないけれど。

要は外国人が多いから、多過ぎるからこう言う事が起きているのだと。。。

 

娘の学校のクラスを見ても一目瞭然か!?

例えば、小学校の時のクラスの人数は30人。

そのうち生粋のイギリス人と言える子は何人居たか?

10人以下?3分の1にも満たなかった。

 

イギリスは外国人に優しい国。

それは好いのよ。私もそのうちの一人だから。

でも、イギリス国民は?優先してもイイんじゃないの?って、思う訳。