読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mrsboddeyのブログ

ロンドン在住、英国人の妻、一娘の母、そんな私の話したい事諸々です。

ロブスター

ロンドン、今日も快晴。

気持ち好い!

 

 

mrsboddeylondon.hatenablog.com

 

 

ところで次回へ、と言っておりました映画。

「THE LOBSTER」「ロブスター」2015年作のお話。

 

日本でのシネマ・リリースは3月末から。

で、そろそろ終了の様ですが。

 

旦那が愛読する「UNCUT」音楽雑誌。

そのレビューが好かった、って事で借りた映画(DVD)。

 

タイトルが「ロブスター」って何?

どんなストーリー?

何も知らずに観た私。

 

で、監督は誰?

サウス・アメリカンじゃないかあ?と旦那。

 

これは、もう何とも「weird」

もし、そんな状況になったらコワーイ。

 


映画『ロブスター』予告編

 

家庭を持ち、子孫を残すことが義務付けられた近未来。妻に捨てられてしまった男デイヴィッドは街のルールに従い、はずれにあるホテルへと送られる。そこで は45日以内に自分の配偶者となる人を見つけなければならず、見つけられなかった場合は動物に姿を変えられてしまうという運命・・・

ウィキペディアより

 

で、デヴィッドのチョイスが「ロブスター」映画のタイトルだった訳。

 

www.finefilms.co.jp

 

丁度日本でのリリース中だったんで。

ブログに書かれてた方々も、数名いらして読ませて貰った。

 

そこで監督はギリシャ人だと知った私。

うーん、ギリシャ人の監督と言えば。。。一人だけ知ってる。

 

「Dogtooth」!!(2009年)の監督

名前難しい。

ヨーゴス・ランティモスかあ?

Yorgos Lanthimos - Wikipedia, the free encyclopedia

 


映画『籠の中の乙女』予告編

 

この2本に通じるもの大有り!

で、チェックしたら、ピンポーン。

やはり、この2本は同じ監督。

Yorgos Lanthimosだった。

 

英題「Dogtooth」

邦題は「籠の中の乙女」だそうな。

日本でのリリースは2012年

 

これまた「weird」そして、ショッキング。

とは言え、ホラーではございません。

深ーいところです。

意味不明?な説明やん。

 

まあ、そう言う類がお好きな方にはピッタリ。

 

「ロブスター」の話に戻って、SFラブコメディーとなってます。

まあ、too darkで笑えるのか?何なのか?

って、感じではあるけれど。

 

この監督のお初の英語作品。

主演はコリン・ファレル!

特に好みではないが。

因みに彼はアイリッシュ、アメリカンではございません。

 

メッチャ普通のオジサンになってます。

役作りだよねえ。。。すごい?

お腹もポッコリ?みたいな。

でも、トム・ハーディーには負ける。

(また名前を出してしまった。)

 

mrsboddeylondon.hatenablog.com

 

Anyway, この映画は

好きか?キライか?

意見はハッキリわかれるのではないかと思う。

 

私は好きです。

「Dogtooth」も合わせて。

 

変わったものが観たい方、是非どうぞ。

 

 

The Lobster

 

 

ロブスター、ロブスター、言ってるから食べたくなって来た。

魚はダメでも、ロブスターは大好きよぉー!