読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mrsboddeyのブログ

ロンドン在住、英国人の妻、一娘の母、そんな私の話したい事諸々です。

婚活!!その③

 

mrsboddeylondon.hatenablog.com

mrsboddeylondon.hatenablog.com

 

また振り出しに戻った訳で。。。

 

 

そして、帰国するとそこに待っていたのは。

「リストラ」の文字。

 

Yay!!

喜んだ私。

 

普通は喜ばないでしょ。

しかーし、5,6年も勤めるとねえ。。。

 

そのまま居ても、何も変わらず行きそうだし。

 

その頃、勤めてたのは英会話スクール。

 

mrsboddeylondon.hatenablog.com

 

えっ?ウェスタンの先生?

居たわよ。英国人&米国人。

 

でも、男の先生の割合は2割程?

 

近場に居たならそこで何とかならなかったの?

うん、ならなかった。

 

みんな年下だし、一緒に仕事してるとねえ。。。

 

 

Anyway, 5か月後には自由の身となる。

 

両親に気兼ねする事なく、渡倫(敦)出来る!!

 

そう、まだ諦めてはいなかった私。

 

過去には二度。。。

仕事を辞めてロンドンに行ってるもので。

 

さっきも言ったけど、そろそろ辞めたい!とは思いつつも。

 

流石に三度目はねえ。

言えないでしょ?両親にね。

 

でも、リストラされるのは仕方ない。

 

 

そこから計画、計画。。。

7月末退職、失業保険半年。

 

ロンドンに行けるのは2月だな。

でも、その前の10月にも実は行ってたのよ。

 

すっかり忘れてたけど。

 

失業保険の認定日と認定日の間にね。

 

我ながらビックリ!!

 

この時は、とある人のパーティーに無理矢理?

招待して貰った感じで。

 

とある人とは誰よ?

 

それは秘密です。

 

そのうち気が向いたら、お教えするかも???

 

それまた、ミーハー話よ。あはは。

 

 

そして、時は流れて翌年2月、ロンドンへ。

 

前以って見つけたフラット・シェア。

この時も例の雑誌「Time Out」がお役立ち。

「フラット求む!」と広告を載せた私。

 

それで上手い事見つかった。

幼稚園の園長先生(女性)宅だった。

 

彼女に会ってなかったら、今こうしてロンドンに居たか?

 

それはわからない。

 

何気なく過ぎて行く日々。。。

 

BarやらPubに出かけたりもしたが。

そう簡単に出会いなどなーい。

 

もちろん「Time Out」の広告もチェックするにはしてたが。。。

 

昨年の事(婚活!!その②)もあり、何か今一つ。

積極的になれなかった私。

 

でも、それじゃあ何しに行ったのよ?

そうよね。

 

で、そこで出て来るのがランドロード(家主)の園長先生U。

 

彼女の当時のボーイフレンドとの出会い。

 

それが広告!

彼女は新聞だったけどね。

 

なもんで、「○○(私)も広告で見つけるのよ!」と彼女。

「うん、まあね。」と言いつつ。

 

毎日の様に「誰か居た?」

「連絡した?」と聞いて来る彼女。

 

あまりにもウザくて。

「わかった、わかったあ。明日連絡するわ。」と私。

 

「Time Out」で見た広告に連絡したわよ。

 

その時は自分が広告を載せるのではなくて。

載せてる男性の中からチョイスして。。。

 

システムが手紙から留守電に変わってた。

 

編集部の専用電話にこちらの連絡先を残す訳。

広告No.○○宛で、みたいな。

 

そして、その広告主からの連絡を待つ。

 

連絡は来たのか?

 

来たわよ。

 

もちろん、会う約束をしたわ。

はてさて、どんな相手が現れるのか?

 

 

 

それはまた、次回へ続ける事にします。

 

 

 

記事を気に入って頂けたら。。。

ロンドン電話ボックスをクリックして下さいませ。

Thanks for your help!!